コミュニケーションで仕事の効率を上げる

看護師の仕事は、仲間と一緒に仕事をしていくことになります。仲間と連携を取って仕事に取り組むのが通常です。そのため、看護師同士のコミュニケーションが取れていなければ、仕事の効率も下がってしまいます。患者の情報がしっかりと交換できていれば、スムーズに仕事を進めることができるでしょう。看護師の仕事の場合、日勤と夜勤があるところが多いと思います。日勤と夜勤の看護師が交代する時は、必ず申し送りにより患者さんの情報を伝えることになるのです。情報を交換しているから問題ないだろうと思う看護師もいますが、これではコミュニケーションが十分とは言えません。日頃からしっかりとコミュニケーションを取っていることが、仕事の効率アップにも繋がります。普段からしっかりコミュニケーションが取れていれば、誰かが困っている時にすぐサポートをすることが可能です。それぞれの状態を知っていることで、スムーズな対応をすることができます。何よりも、看護師がしっかりコミュニケーションを取れている状況というのは、患者にとっても安心できるものです。患者にとって、看護師同士が話さずに黙々と仕事をこなしているよりも、笑顔で仕事をしている方が安心感があります。このように、看護師が仕事の効率を上げるためには、仲間同士のコミュニケーション能力も大切となってきます。看護の仕事は一人でこなすものではなく、仲間同士で進めていくものです。看護師全体がしっかりとコミュニケーションを取り、意思疎通ができていることが重要となります。コミュニケーションが取れていないという場合は、プライベートで飲み会やランチに行くのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です